象牙の印鑑

さて、印鑑といえば象牙といってもいいほどの、印鑑界の王様が象牙です。密猟などの問題もあり、ワシントン条約で厳しく規制されているため、年間輸入量が政府によって決められている、貴重な素材でもあります。象牙はオランダ水牛のような角ではなく、牙(歯)の部分ですので、材質はエナメル質です。そのため非常に丈夫でありながらなめらかな素材で、押印時の朱肉の乗りはほかにないほどで、その印影は文句のないほどに美しいです。

大きな素材である象牙は、中心に近いほど高級とされており、価格も高くなります。しかし、先ほど申し上げた通り、ワシントン条約により象牙の取引は非常に厳しくなっております。そして、アフリカゾウ、アジアゾウの密猟の問題は深刻で、野生動物保護、密猟への厳しいの観点から、また、蔓延する違法取引排除のため、あまり歓迎されなくなっていることは事実です。

印鑑として非常に優れた素材ですが、そういった背景により、取り扱う印鑑業者も減っており、さまざまな意味で入手が困難になりつつあり、価格もさらに高騰していくことが予想されているそうです。

象牙の素材とは、それほどに特別なものですので、もともと持っている象牙の印鑑を再彫刻(一度平らな状態に直して、新たな印影を彫ること)する選択もあります。まさに一生ものです。

運営者